メインHDDの引っ越し

前から課題にしていた、メインHDDを引っ越しすることにした。メインHDDにはエラーが存在していてそれを解消する為に、
1.HDDツールで物理的な不良がないかを確認。
2.CHKDSKで不具合があれば解消しておく。
3.新しいHDDを用意しそこに一旦WindowsXP Professionalをインストールする。
これはブートセクタにWindowsの起動情報を書き込むのが狙い。
4.KNOPPIXを起動し新HDDの中味を手動で削除。
5.元HDDから新HDDに全てのファイルをコピーする。
6.念のためWindowsを再セットアップする。
7.ロングネームのフォルダの破壊が見られるところは再セットアップが必要だったりする。
これで、今まで通りの使い方が出来るようになりました。
元HDDに異常がなければ、こんな面倒なことはしなくてもよく、HDDコピーツール等で簡単に済んだ話なのですが、エラーがあって出来なかったので、このような面倒な手順となりました。
それにしても、XPでもファイルのコピーで何とか出来てしまうことに驚いた。 =-o
Windows98やWindowMeのころにはよくやっていた手法ですが、今でも出来るのはいい事だ。
これで気軽にメインHDDのバックアップが出来るぜ! :-D

Comments are closed.