Windows 8 Consumer Preview試す

Windows 8 Consumer Previewのダウンロードが始まりました。

早速、ダウンロードしてインストールしてみました。従来のWindowsと比べると大幅な変更という印象ですが、要するに、今までのスタートボタンにマウスを置いた時のアプリ表示が起動していきなり全画面表示になったという感じです。印象は全体的にモノトーンや直線的なデザインで、これがデジタルを意識したものらしいですが、いまさらという感じです。既に、普段使用のOSがWindowsからUbuntuに変えている私にはもうどうでもいいデザインです。パソコンのログインにはMicrosoftアカウントを使用することができ、そうすることでクラウド上にパソコンの使用情報が保存され、別の場所のパソコンを同様のアカウントで開くとその情報を引き継いで使用することができるらしいです。これは既にgoogleなどがブラウザ上で行っている機能をOS上で果たそうという魂胆ですね。一見便利そうな機能ですが、セキュリティはどうなんでしょうね。気になるところです。今までメニューにあったアクセサリを探すのに苦労しそうな予感です。まだ、簡単に見る方法がわかっていないので、ちょっと困りました。ファーストインプレッションは以上です。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/consumer-preview

Windows 8 Consumer Preview

仕事始め

今日から仕事始めだった。年末年始の注文が溜まっていたので、年始めにしてはいつになく出荷作業が大変だった。帰ってきたのが22時。あー疲れた。

2012年を迎えたわけですが。

大晦日から、掃除しながら中学・高校時代に聴いていたテープをパソコンにダビングしていました。しばらく聴いていなかったので、とても懐かしく聴いていました。当時は何度も聴いていたので、メロディーはよく覚えています。

突然、足に激痛!?

先週土曜日の出来事。
目が覚めて立ち上がったところ、左足踝付近に激痛が。
激痛なのでしばらく足を引きずることに。
昼頃には痛みがある付近は少し腫れた感じ。
痛みはあるものの、普通に歩いているので、脱臼ではない様子。
夜にはロキソニンを飲んで様子をみることに。
日曜日は体重がかかってもあまり痛くなくなりましたが、それでも、触ると痛い部分が残っています。
という訳で、放置しても気味が悪いので、整形外科に行くことにしました。

受付は6時30分までで、ギリギリに到着し、医院の前に車をおいて、受付へ駆け込み、受付を済ませた後、車を近所のコープへ移動、そして待つこと2時間と少し過ぎたところで診察でしたが、骨・関節には異常がなく、腱鞘炎という診察結果に。

ちょっとほっとしましたが、腱鞘炎ということは、治って終わりということはないかもしれないので、用心が必要になります。

母の手術

母の手術は2日午前9時頃から始まり、12時前に無事終了しました。

3日には一般病棟に移動しましたが、傷の痛みがあるので、向きを変えるときなどは辛そうです。

Ubuntu 11.10にVMware Player 4.0.0を

Ubuntu 11.10にVMware Player 4.0.0をインストールしてみました。 install

sudo bash VMware-Player-4.0.0-471780.i386.bundle

Ubuntu 11.10からVMware Player 4.0.0を削除してみました。 uninstall

sudo bash vmware-installer -u vmware-player